ネバダ州の鉱山からきたブルージェムターコイズそれは、南の島の澄んだ青空のような色だった

ブルージェム ターコイズとは

ブルージェム ターコイズ は、ネバダ州バトルマウンテン近くの鉱山で採掘されます。ネバダ州には同名の鉱山がありますが、バトルマウンテンのブルージェムは1934年に 生産が始まり、現在では閉山されています。ブルージェムのターコイズは硬度が強く、他のターコイズのように簡単には変色しないそうです。 ブルージェムターコイズの殆どが、1ミリメートルの厚さしかない”ブレード”(刃)と言う脈のなかや、ちいさなナゲット状で見つかる為、ズニのインレイ や、ニードルポイントやプチポイントに使用するのにもってこいだったようです。1930年代から 1940年代にはフレッドハーベイの観光客向けインディアンジュエリーにも幅広く使用されていたそうです。

ブルージェム鉱山は800フィート地下にあり、このブルージェムとビズビーのみが地中深くにある鉱山から採れた唯一のターコイズとなります。 ブルージェムのターコイズは、現在では滅多に市場に出ず、ハイクォリティなものは、美術館やコレクターの所蔵の物が多いようです。
そのリッチな青と硬度、そして希少さで、多くのコレクターに求められているターコイズの一つです。

 

 

 

 

 

ネックレストップ☆

南の島の澄んだ青空のような色、おもわず目を閉じて思い浮かべてしまいます☺

アメリカ、ネバダ州の鉱山で採掘されて

縁があって私の元に

そして今、気に入ってくれた方の胸元で揺れて

太陽の光を浴びて、このターコイズも喜んでると

なにより私も嬉しい限りです😊

コメント